【デンタルIQ】ティースデザイナーとは

ほとんどの方は、『ティースデザイナー』という言葉を、初めて聞かれると思います。

どんな仕事や職業かと言うと・・・。
例えば、ファッションには、ファッションデザイナーがいます。
ヘアスタイルにも、ヘアデザイナーがいます。
ティースデザイナーは、お客様の笑顔をつくる、歯のデザイナーです。

具体的に言うと、きれいな歯にしたい人に、最高級セラミック歯をデザイン、及び製作する、プロフェッショナルです。

2005年に『ティースデザイナー』という言葉を、特許庁にて商標登録しました。
これによって、『ティースデザイナー』を名乗れるのは、日本では私だけです。
それ以来、『ティースデザイナー』という商標を使い、歯に関する情報提供や、歯の美容に関する相談と情報の提供などを行ってきました。


笑顔は人に好印象を与える、と言われますが、歯に、コンプレックスや悩みを抱えていると、なかなか堂々と笑えないものですよね。
そんな方を、コンプレックスや悩みから解放するために、日々、仕事をしています。
ティースデザイナーである私が、お客様との丁寧なカウンセリングを通じて、歯の形や色などを、お客様と一緒になって話し合いながら、セラミックの歯をデザインし、そして製作します。

では皆さん、質問です。
セラミックの歯は、誰が製作していると思いますか?
歯医者の先生が製作していると思っていませんか?
いいえ。 違うんです。

治療の時に先生から、『セラミックの歯で治療しましょうね』と言われるので、先生が製作していると思う方が多いのではないでしょうか。
ところが実際は、歯科技工士という、国家資格を持つ職人が、歯科医院からの発注を受けて製作しています。
歯科技工士がセラミックの歯を製作して、歯科医院に納品し、先生がお客様に装着するのです。
従って、セラミックの歯自体の出来映えと装着後の見た目は、歯科技工士の腕によって、ほぼ、決まってしまうのです。

こういう仕組みですので、例えば、お客様が先生に、『この歯の形をこうして欲しいんですけど』と言ったとします。
しかし、先生は歯の製作者ではないので、お客様の希望が伝わりにくいのです。
ではどうしたら良いのかというと、製作者である歯科技工士に細かな希望を直接伝えれば良いのです。

私は、歯科技工士の国家資格を取ってから20年以上、セラミックの歯を、専門に製作してきました。
審美歯科に特化して、歯の形、色、質感、バランスなどを総合的に見て、セラミックの歯をデザインをし、最高級の素材で、セラミックの歯を製作するプロフェッショナルです。

デザイン、プラス、クリエイト、イコール、ティースデザイナー 宮下大介 です。
(Design + Create = TEETH DESIGNER)

ティースデザイナーの私は、お客様と積極的に関わり、お客様の個性を『デザイン』する存在です。
そして、私が審美カウンセラーとなり、お客様と一緒に、歯を『デザイン』していきます。

私は、どのような歯の形でも『デザイン』できますので理想や希望の歯や、特殊な歯があれば、どんどん私にお伝えください。
ただ単に、きれいなセラミックの歯を入れるだけではなく、お客様の思い通りの歯、そしてお客様が笑顔になれるようにサポートさせていただきます。

以上が、ティースデザイナーとは、でした。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です